So-net無料ブログ作成
検索選択

夏目友人帳6期3話【二体さま】感想!! [アニメ]



夏目友人帳6期3話【二体さま】感想!!





冒頭は夏目が電話を取ったら

相手が柴田だったってところからスタート






一瞬誰だっけ?と考えてたら

ちゃんと回想が入り


過去に登場し妖怪に恋した上に

夏目の力を知ってしまった知人だった(笑)







確か・・・こいつは

初めは夏目をよく思っておらず

妖怪絡みで結果的に夏目の友達になった

という感じだった。と記憶してるので

あんまり好きなキャラではないのであります^ ^;










で、そんな知人レベルから電話がきたから

また前回の話の延長か?と思っていると

どうやら遊び?の誘いらしく

週末に田沼と会う約束をしていた夏目を

田沼ごと呼び出す(半強制的)












週末駅で柴田と合流した夏目達は

気前良く柴田から飯を奢ったもらい

公園のベンチで食べていると

最近柴田が耳にした

人形屋敷の話になる












なんでもこの公園で

時々会う小学生女の子がいて

最近その子が元気ないから話を聞くと

何日か前に隣の家に雷が落ち





それ以来、夜になると

無人であるはずの隣の家から

変な音がして眠れなくなったらしく







そこが噂になっている屋敷とのこと

しかも元住人は人形を集めていたらしいから

【人形屋敷】と呼ばれている













早速3人は人形屋敷に向うと

夏目は窓から下を見下ろす仮面?のようなモノと

目が合い驚いてしまう








夏目は心配する2人に

「虫がいて驚いた。」と取り繕ったが

いったんケーキ屋に場所を変えて休憩している際

柴田が席を外したタイミングで

田沼が夏目にさっき何か見たんじゃないか?と

尋ねる(ホント田沼は状況見て話するからすばらしい)








で、夏目は屋敷で見た話をし

田沼の家に泊まる話をキャンセルしようとするが

先生が妖怪を迎え撃つなら寺の方がいいぞ。と言い

田沼もそれに同意してくれてるとこを

戻ってきた柴田に聞かれ



やっぱりさっき何か見たんだな!?

問い詰められる













そして自分が夏目を巻き込んだから。と言い出し

初対面の田沼の家に柴田も泊まりについて来る




おかしい・・・

柴田が前回より良いキャラに感じる、、、

もうちょっと嫌なタイプだったはずなのに(笑)

夕飯作りも3人で和気藹々だったし^ ^;










混乱する僕を他所に話は進み

柴田は夏目達に『二体さまって聞いたことあるか?』と切り出す

2人は初めて聞く名前だから聞き返すと

『変に怖がらせるのもどうかと思って黙ってたんだけど』と

柴田は前置きをして説明する






先ほどの屋敷の住人が何故人形を集めていたかというと

まじないに使う人形を作るためだったらしく







虫とか蛇を大量に箱に詰め共食いさせて

生き残ってのを呪いに使うってやつを

同じように人形にもさせて


無傷で残ってた人形二体を

【二体さま】と呼ぶらしい











そう住人本人が得意げに周りに言いふらし

近所から変人扱いされていたようだが

ある日、住人が『二体いる!二体いる!』と叫びながら

家を飛び出して戻ってこなかった。

それ以来【人形屋敷の噂】だけが残った。と話す

(女子から聞いた話らしいけど)











しかし夏目は

昼間屋敷で見たやつは

二体の人形の顔だったんだ・・・と洩らし

田沼と柴田に恐怖の追い討ちをかける(笑)












で、柴田がシャワーに行っている間に

夏目は二体さまは自分と先生で相手をするから

その間は柴田を遠ざけてくれ。と田沼に頼む

ニャンコ先生にも手伝いの交渉をすると

廊下の方から物音が聞こえてくる













急ぎ夏目と田沼は

廊下の端にある小窓から外を確認すると

人形が小窓を叩き夏目は驚く

(敵が強いせいか田沼も頭痛が起こる)






このことを先生に報告し

御札を使い人形を弱らせてから

先生が払うという策を夏目達は練る







が、御札は一枚しか見つからず

二枚目を探すことに











その頃シャワーを終えた柴田も

窓に人影を目撃し夏目に協力すると言い

田沼と二枚目の御札を探しに屋根裏へ向う












田沼達と分かれた後に

早速一体目の人形が夏目を襲うが

こちらはうまく撃退に成功










一方屋根裏で二枚目の御札を見つけ

剥がそうとする柴田は

『人間って怖いな。気がつかなければ

 見過ごせるものを 気付いてしまったら

 見過ごせなくなる。

 夏目はいつもそういう思いを受け止めてるんだよな。』と話す







それを聞いた田沼は

自分ももっと何かできればいいんだけど、、、と言うが

『お前みたいなやつがそばにいるだけで

 ずいぶん違うとおもうぜ』と返す









言い終わると同時に札が剥がれ下で物音がし

急ぎ確認にすると

夏目が人形に襲われている









駆け寄ろうとする柴田を田沼が止め

夏目に御札を投げるよう頼み

柴田は御札を夏目に投げ渡す



夏目はギリギリのところで御札を受け取り

人形に貼って先生に撃退してもらうが気を失う











意識を取り戻した夏目に

柴田は駆け寄りどうなったか確認し

解決したと聞くとすぐ

『悪かった、夏目。俺はただ

 久々に会って話がしたかっただけなのに
 
 あんな話をしてお前を巻き込んでしまって』と謝罪する








夏目はそれを聞き

むしろこんな自分との繋がりを

持ってくれようとしてくれたことに感謝する







後日、こんどは柴田が遊びに来て

人形屋敷の隣に住む女の子が眠れるようになったようだ。と

知らせてお土産を渡す

受け取る先生が『中身は何だ?』と訊くと

柴田は『柏餅・・・え!?』と驚き騒ぐが



猫の真似して鳴く先生の鳴き声を空に響いて今週終了!!






ん~・・・こやつなかなかどうして

悪い奴ではなくなっているじゃないか(笑)

悪くない、悪くないぞ柴田!!



次回の【違える瞳】も期待が膨らむ!!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました